出雲の開業医「生活密着医療がモットーです」

  • ブログの紹介
     地域医療 = 生活密着医療と考え、「地域の方々の生活に貢献できる医療の進化を推進する」がモットーの開業医が、診療、研究、IT事業に奮闘する日々を出雲の地から綴ります。
  • 著者プロフィール
    杉浦弘明(すぎうら ひろあき) 1965年生まれ。1991年島根医大卒。島根県出雲市に「すぎうら医院」を設立して15年目の開業医。日常診療の傍ら、研究・IT事業など多方面で活躍中、後世に残る英語論文にも挑戦している。

地域医療

全県下で患者情報がつながった!

blog1


















今年1月から島根県全県で医療ネットワーク「まめネット」が運用開始となりました。
これまでも中核病院と関連する病院や診療所間を結ぶ医療情報ネットワークは全国ではありますが、県全体での運用を目指す方式は珍しいものです。各病院では様々なコンピューターが導入されているので、ただつなぐというだけではデータの交換ができません。島根県では情報共有のために参加するすべての医療機関のデータを標準化しました。 これにより、県下の医療機関であればインターネットを用いて同じ様式のデータを用いて患者情報を相互に連携可能となりました。2013年度中に県内の中核病院から医療データが提供されるようになります。
写真は島根県立中央病院のロビーに設置されている、患者さんの「まめネット」参加受付コーナーです。

■アナログ方式が多い医療現場

一般のビジネスシーンの情報伝達手段はメールが主体です。郵便が使われることはずいぶんと減りました。個人情報を気にしなくてもよい場合、文字情報の受け渡しがとても簡単だからです。しかし、医療関係以外の方は驚かれるかもしれませんが、今でも日本の医療現場では、他の医療機関に情報を伝える場合に、手書きやワープロ打ちしたものをプリントアウトし、郵送や持参で届けるというアナログな方式が用いられています

病院やクリニック内では診療用コンピュータ (電子カルテ)を用いていますが、いろいろなメーカーがあります。異なるメーカー製電子カルテを導入する医療機関同士では、情報の受け渡しができません。しかも、個人情報が厳格に保護されなければなりません。この課題を乗り越えるために相互利用できる仕掛けが必要です。それが今回、島根県が用いた厚生労働省電子的診療情報交換推進事業(SS-MIX)方式です。

例えば、A病院の電子カルテの内容をSS-MIXで変換します。 この情報を伝えるのは、もちろんインターネットです。VPNという仕掛けを使って暗号化して個人情報を守ります。SS-MIX方式の情報を受け取ったB病院やC病院では、それぞれのシステムで患者さんの情報を閲覧することが可能となります。これまでも中核的な大病院が、関連病院や診療所を対象としてSS-MIXを用いた地域医療連携は実施されていましたが、今回島根県では、全県下で利用できる仕組みを作りました。こうして 「まめネット」は出来上がったのです。

■紹介先での治療がリアルタイムに分かる!
 
現在、私のクリニックでは14名の患者さんの医療データが交換できるようになりました。これにより、県内の病院に紹介した患者さんが先方でどのような治療していただいているかが分かるようになりました。2月には私のクリニックのデータも提供できるようになります。私は開発に携わっていましたので、実験段階で架空の患者さんのデータがどのように画面表示されるかは見ていました。しかし、実際に紹介した患者さんが先方の病院で治療していただき、回復される様子を自分のクリニッでリアルタイムに観察した時は、とても感動しました

この経験で、これまで医療機関という個別のハードに収まっていた情報が、もう一つの大きな入れ物である「患者さんの住む地域」の中で運用される様を実感しました。これはちょうど10年前、紙で運用していたカルテを電子的にオンラインで運用した時に、紙の時には1人でしか内容をみることができなかった医療情報を、スタッフ全員がそれぞれ別の端末によって同時に共有できるようになった時に感じたことが、ずっとスケールアップした感じです。
2013年度中に準備が整った医療機関から順次データが提供されますので、まめネットの発展と患者さんへの寄与が今からとても楽しみです。

2013年、3つの目標

ブログ1


















あけましておめでとうございます。

巳年にちなんだこの写真は島根県の誇る伝統芸能、石見神楽の大蛇です。この神楽団は大田市にある「土江子ども神楽団」(http://tsuchie-kagura.jp/)により、今年の1月3日に上演されたものです。

朝永振一郎博士がノーベル物理学賞を受賞された昭和40年に私は生まれました。巳年の年男である今年の私の目標は、1)島根でしかできないことをする、2)より公平な職務を遂行する、3)仕組みや人材を育む―。この3点です

■島根でしかできないことをする
 
島根でしかできないこととは、伝統と自然を楽しむことです。島根県西部の石見地方は神楽が盛んです。神楽は速い調子の舞で、勧善懲悪の分かりやすい題材が多く、石見地方の住民は子供の時から神楽に大変親しんでいます。 各家庭のカレンダーも神楽社中のもののことも多く伝統芸能が暮らしの一部になっているのは島根の良さだと思います。私の次男も昨年から石見神楽が大変気に入り、毎日、烏帽子・袴・足袋の装いで、見よう見まねで踊ってくれます。

そして、市街地から車で30分も移動すれば、海や山に到着できるロケーションの良さも島根の特徴です。私は昨年から長男と空いた時間によく釣りに行くようになりました。スキー場やスケート施設へのアクセスもよく、移動時間込みで3時間あれば十分に遊べて、なおかつ人ごみは全くありません。

■公平な職務と重症な方への配慮
 
平時の中、突然訪れる人生の窮地。錯綜する事態の中で、自力では瞬間的には打破できないという状況を幾度か経験し、いつも妻、家族、仲間、専門家に助けられてきました。本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

診療所における通常の診察でも時として、緊急疾患や悪性度の高い疾患が明らかになることがあります。この時、患者さんやご家族への十分な配慮が必要だと思います。

どのような症例でも、例えそれが軽い感冒でも重篤な病気でも、職業人としてすべての患者さんに対して公平な業務遂行が必要です。一方で、支援の重要度が高い方には優先的に資源を投入する必要もあり、このバランスがなかなか難しいです。

■仕組みや人材を育む
 
人材育成については、昨年から私が学校医を担当している出雲市立今市小学校の児童を対象とした「ハッピーアスリーツ」の活動を通して実現していきたいと考えています。これは子どもたちにさまざまなスポーツを経験してもらう取り組みで(詳細は前回ブログhttp://jmedj2.com/archives/54318177.html)、先日はスケートを皆で楽しんできました。1時間ですがスケート場全館貸し切りで、アイスホッケー防具を付けて、専門のコーチに教えていただきました。子供の習得能力は素晴らしく、上手な子はたった1時間でもアイスホッケーのゲームを楽しむまでになりました。子供たちには多くのスポーツを本格的に体験してもらって、是非健康に育ってもらいたいと願います

子供の教育を「将来の人材育成」と考えると、夢があってとても楽しいですよ。
brog2


















仕組みづくりに関しては、この1月から島根県全県の医療ネットワーク「まめネット」が稼働しました。私はこのネットワークの運営を担当しています。今後のブログで詳細をお知らせする予定ですが、スタート(発芽)したばかりの「まめネット」を、是非多くの医療関係者に利用していただき、患者さんのために役立つよう育てたい(生育)と思います。
 
そして当院では4月から本格的に在宅医療に取り組みます。これまで通院していただいた患者さんがお年を召されて通院困難になられたり、あるいは悪性腫瘍等で在宅療養を余儀なくされた方のご要望に応えたものです。高校、大学の後輩である若手の先生が在宅診療を担ってくれます。交替で24時間365日体制となりますが、私も共に頑張りたいと思います。

学校医主催のスポーツ教室は楽しい!

ブログ1















私が学校医を担当する出雲市立今市小学校では、毎週土曜日、2年生から4年生までを対象に学校医主催のスポーツ教室「ハッピーアスリーツ」を開いています。写真はその一コマで、これからダンス教室が始まるところです。オレンジ色のシャツを着て子供を肩車しているのが私です。個人情報を大切にする時代ですから、笑顔たっぷりの子供たちの正面写真をお見せできないのが残念です。

私が子供の頃、メディアはテレビしかなく録画機能もないので放映される時間にしか見ることしかできず、メディアの視聴時間が長時間にわたることはありませんでした。下校時刻も早かったので、家にランドセルを置いて再び学校へ行ったり、遊園地や稲を刈った後の田んぼで自由に遊ぶなど、1日中よく動き回っていましたので、運動不足の子供はあまりいませんでした。

しかし今は当地でも、運動をほとんどしない子供のグループと競技スポーツを長時間している子供のグループに極端に分かれています。 運動不足はもちろん大問題です。 その一方で、種目に限らず特定のスポーツを長時間行うのは骨格の定まらない小学生には十分な配慮が必要なため、学校医としてスポーツ指導者に以下のように説明しています。

「小学生は大人の小型版ではないので、高校生や大人のしている練習を少なくしてやればいいというものではありません。勝負の結果や成績は大変気になりますが、慌てずゆっくりと育成する必要があります。将来有望なお子様でも、小学生の時にケガやスポーツ障害を負い後遺症を残すと将来活躍できなくなります」  

当日の段取りは大変だけど…

そのうち説明だけでは物足りなくなり、12年9月に学校医主催のスポーツ教室を立ち上げました。
スポーツ指導をして初めて、指導者の方々の苦労が分かりました。当日の段取り、外部講師との日程調査、物品の調達、保護者への連絡等、様々なことをしなければなりません。

土曜日の午後2時から開始して、1時間目は野球に関する基礎トレーニングです。2時間目はさまざまなスポーツに取り組んでいます。これまでに、ソフトテニス、卓球、ダンス、バスケットボール、バレーボール、サッカー、バドミントンをしました。今後は陸上、空手、スケートなど、たくさんの競技を予定しています。
 
開始から3カ月が経ち、参加している子供たちはぐんぐん上手になっています。そして私たちコーチの言うことをよく聞いてくれます。コーチたちはその姿を見て、「この活動を始めて良かった」と思っています。2年生から4年生までは、なるべく競争の少ない楽しめるスポーツを経験し、5年生でチームプレーを理解し、6年生になったらスポーツで活躍できる喜びを実感してくれたら嬉しいです。そして大人になっても、生涯、スポーツ好きであってほしいと思います。

アジア人医師留学生から刺激を受けています

brog01



















日本に在留している私費外国人留学生に奨学金を支給し支援する「ロータリー米山記念奨学会」のカウンセラーをしています。現在は島根大学大学院の博士課程で学ぶミャンマー人医師ヘイン先生(写真中央)とモンゴル人医師アマラ先生(左)の日本での勉強と生活環境のサポート係です。とはいえ、お二人は皮膚科に所属する大学院4年生で、すでに立派な研究をされ日本語もバリバリですから、私がお手伝いすることはあまりなく、どちらかというと私の方がアジアの医療や情勢を教えていただいています。

■ミャンマー医学界のキーパーソンになる逸材

イケメンのヘイン先生、従妹はミャンマーで最も有名なモデルさんだそうです。民主化後、経済発展中のミャンマーでNO.1の高校を飛び級で卒業、さらにマンダレイ大学を卒業後、タイのマヒドル大学でHIV患者さんの診療に従事されました。彼の研究内容は健常皮膚内にあるペプチド物質です。このペプチド物質により、真菌(カビ)の侵入を防がれているとのこと。目下、最も有名な科学雑誌に投稿準備中です。すでにエディター推薦を受けているそうでうらやましい限りです。私もメジャー雑誌に投稿経験(とリジェクト経験)がありますが、投稿する際、エディター推薦の有無とエディター名の申告を求められものがありました。やはり通るべき論文は最初からセレクトされているようですね。彼は米国医師試験にも合格し、来春からはニューヨーク医科大学でレジデントとして学ぶことになっています。とても温厚な方で近々結婚も控えていらっしゃいます。やがてミャンマーの医学界のキーパーソンになられる方でしょう。
 
■3人のママでもあるモンゴルの女性医師

アマラ先生は小児科医、3人のママ、研究者、そして大学教授の奥さんでもあるとても活動的な方です。モンゴルのモンゴリア大学を卒業され小児科医として活動後、ご主人の留学に伴い来日。当初は主婦でしたが来日4年目からご本人も研究生活を始められました。モンゴルにおいても最近はアトピー性皮膚炎の児童が増加しているため、アトピー性皮膚炎の病態を明らかにすることを目指して皮膚角層内の炎症性物質を研究されています。すでに、英語論文が発表されています。学位取得後の来春には母国の大学で小児科医の指導医になられます。留学期間中に子育てと研究生活によるキャリアアップをされ、医師としてのライフワークバランスを見事に実践していらっしゃいます。
 
私自身、同じアジアの他国の優秀な医師と面識を持つことで、大変有意義な時間を過ごしています。

航空機消火救難訓練に参加して

001



















10月20日、出雲空港で、大阪からの航空機が着陸に失敗し滑走路で火災が発災したとの想定で航空機消火救難訓練が実施されました。空港を管理、管轄する事務所をはじめ県内3つの消防本部、県警、県内3つのDMAT(松江日赤病院、島根大学医学部附属病院、島根県立中央病院)、島根県医師会、出雲医師会等を含めて16団体210名、救急車、消防車両等31台が参加する大規模な訓練でした。この訓練において、出雲空港の地元であり、私が所属する出雲医師会には、すぐに応援要請の一報が入ることとなっています。

訓練では、消火後に救急隊によって負傷者が救出されます。この負傷者役は一般のボランティアの方や空港職員の方が演じてくださいました。負傷の程度は島根大学医学部附属病院の山内健嗣先生により様々なシナリオが用意されていました。例えば、頭部外傷、骨盤骨折です。外傷性気胸により現場で胸腔ドレナージュが必要な場合もありました。複雑なケースとして事故によるショックで過換気発作となるも時間の経過とともに軽快したの方などもいらっしゃいました。また、外傷モデルキット(写真中央:負傷者役の大腿部の出血)が患部に付けられていて、創傷部位がわかりやすく工夫されていました。

■災害現場では上下の命令系統・横との連携が重要

救難活動において医師の役割は3つあります一つは現場指揮本部において救急隊本部と共同して指揮する役割。二つ目は負傷者のトリアージをする役割。三つ目は現場での応急処置です。

医療関係者ではない読者のために「トリアージ」をご説明しますと、通常の医療や事故では、医療機関内には傷病者の数よりも医療従事者の数が多いので、一人一人に十分に医療を行うことができます。ところが大規模な事故や災害が生じると、傷病者数が医療従事者数を上回ります。このような状況になると、治療の優先順位をつけなければなりません。この順番は色分けされており、最優先治療群(重症者)は赤色、待機的治療群(中等症群)は黄色、軽傷群は緑色、死亡された方は黒色に分けられます。これがトリアージです。 
赤色の方から順次救急搬送されますが、救急車を待つ間にトリアージされた方の応急処置も必要となります。 

このように、災害現場では医師は直ちに、救急隊、看護師、事務担当者などと医療チームを結成し、指揮、トリアージ、応急処置に分かれて連携する必要があります。しかも大災害の場合はいろいろな医師会や病院からの医療支援チームが応援に駆け付けますので、役割が重ならないようにしなければなりません。

普段、診療所医師はそれぞれ個別の医療機関に勤務しており、他医療機関の方と訓練をする機会はめったにありません。しかし災害現場では、上下の命令系統、横との連携に注意を払わないとスキルを発揮できないことがあるということを今回の訓練で学ぶことができ、非常に重要な機会でした。