写真1.オール今市少年野球クラブ練習風景
画像1


写真2.まず靴紐を緩める
画像2


写真3.踵をトントンして靴のくぼみに踵をはめ込みます
画像3

 
写真4. 靴ひもを下から順序良くギュッと締め上げます
画像4


写真5. ここからがミソです。右足を履いている場合、左足を右足より前にします。
そうすると履いている右足は爪先立ちとなります。この状態で蝶々結びをします
画像6


写真6.少々不恰好ですが、後ろから見るとこのようなスタイルで履いています
画像7


 

 私が学校医を担当している今市小学校。その野球クラブである「オール今市少年野球クラブ」の練習風景です。現在、小学生版「夏の甲子園」といえる 「高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会」 http://jsbb.or.jp/tournaments/405の地方大会を2試合勝ち進んで、元気よく練習しています。

 オール今市少年野球クラブはスパイクシューズの履き方にこだわっています。これは怪我をしないように安全性を高めるためと、裸足で走ったのと同じくらい地面をつかんだ走りができるようにするためです。

 この履き方は、私が博士研究員として在籍している奈良県立医科大学の関係で知り合った、奈良県にあるBBAグラブ工房 http://www.bba.co.jp/で教えていただいた方法です。学校医として子供たちに勧めました。

 これはマジックテープのアップシューズでも同じです。この方法に慣れるには少々時間がかかります。でも、この方法でシューズを履くと、まるで裸足で地面に立っているような、地面をつかんでいる感じがします
 
 小学生の体育の授業や、大人のジョギング、ゴルフにも有効です。 一度試してみてください。